気になる目元のたるみを撃退する方法とたるみ予防

気になる目元のたるみに美容外科。
鏡で自分の顔を見る

たるむ原因

たるみの原因の多くは加齢によるものです。人間の身体は、コラーゲンやヒアルロン酸などによって肌のハリを保っています。そのハリの源であるコラーゲンやヒアルロン酸は、年齢を重ねるごとに減少してしまうことがわかっています。ただ単に減少しているのならコラーゲンやヒアルロン酸を補うだけでもいいのですが、目元のたるみの原因はコラーゲンやヒアルロン酸の減少だけではありません。人間の皮膚の下には脂肪が存在しています。その脂肪を支えている筋肉が衰えてしまうと、自然と脂肪が垂れ下がってしまいます。顔にある表情筋は加齢と共に衰えてしまうので、たるみの原因となっています。特に、目元などは皮膚が薄くなっている部分なので、脂肪がつくとたるみが目立ちやすくなってしまうため注意が必要です。

目元のたるみの主な原因は加齢です。しかし、加齢以外にも原因があることを知っておきましょう。目元の脂肪のことを眼窩脂肪と言いますが、この脂肪は飛び出すような形で膨らんでしまうことが多く、目元のたるみの原因となってしまうケースもあります。この眼窩脂肪の膨らみのせいで顔に影を作り、クマのように見せることもあります。顔全体が沈んだような雰囲気となってしまうので、注意が必要です。眼窩脂肪も原因の一つですが、毎日パソコンやスマートフォンなどを使用していると目が開きっぱなしになり、目元の筋肉を使用する機会が少なくなってしまいます。それにより目元の筋肉が衰えやすくなってしまうこともあるので、しっかりとした対策が必要になってきます。

化粧品でも、リンクルケアをうたう商品が増えています。目元の下につけて、張りを持たせたりして、たるみを減らすようにするとき商品です。使えば確かにピンと張りを感じるのですが、長期に渡って使用し続けなければいけません。その上、つけ忘れたら、また一からやり直しのような気分になります。ましてや、目元の下の物はありますが、まぶたの物は少ないです。自然とまぶたもたるみが出きてしまいます。まぶたのたるみは、目付きが悪くなる為、最近は手術をする人が増えて来ています。まぶたを少し縫い合わせたりして、上に引き上げる方法等です。しばらく不自然な感じがしますが、時間とともにたるみもなくなったハッキリとした目元になります。

まぶたにしろ、目元の下のたるみにしろ、目元の手術は注意が必要です。たるみを取る為、栄養素を注射で注入したり、メスを入れて縫合したりと、方法は様々ですが、一歩間違えば目が見えにくくなることもあります。その為、やはり病院を見つける時は、十分に調べた方が良いでしょう。インターネットで口コミを見たり、実際病院へ電話をかけて問い合わせたりしてみることをお勧めします。電話対応の良い所は、大体スタッフも良いですので安心出来ます。もちろん対応だけでは言い切れませんが、何ヵ所か調べて見ると良いです。折角目元のたるみを取って、ハッキリした視界で晴れやかになれる為なら、キチンと病院のリサーチはしておいた方が良いです。

Copyright(c) 2015 気になる目元のたるみを撃退する方法とたるみ予防 . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com